AGAで悩む男性のイラスト

男性型脱毛症(AGA)は多くの男性を悩ます病気です。しかし、男性の薄毛=男性型脱毛症という訳ではないのも注意していただきたい点です。ここでは男性型脱毛症に焦点を置きながら、男性たちの悩み解決の手助けをしていきたいと思っています。

メンズが気を付けたい血圧と男性型脱毛症の関係

メンズファッションを十分に楽しむためにも、薄毛で残念に見える頭部は何とか解消したいものですが、男性型脱毛症が他の病気とかかわりがあって発生している可能性が高まり研究が続けられています。

男性型脱毛症は男性ホルモンが影響していることが分かっていますが、昔から心疾患も患っている人が多いことが分かっています。しかも、心疾患に至っている原因は糖尿病や肥満そして高脂血症などから至っている人が多く、高血圧に悩まされている人が圧倒的です。

糖尿病や肥満、高脂血症はそれぞれ食べすぎや運動不足などの生活習慣の乱れで発症し、血管を老化させ動脈硬化になりやすく、動脈硬化は高血圧の要因で心臓にも負担をかけます。生活習慣の乱れ脂肪の蓄積、そして動脈硬化による血流の不良は、髪の毛の正常な発毛も狂わせるものですから、適切な治療を受け改善させていく必要があります。

男性型脱毛症の治療を恥ずかしがって受けない人もいますが、メンズ専門の病院もあって、同じ悩みを抱える人たちばかりのため安心して通院できます。血圧や生活習慣病の治療も一緒に行える病院だと、男性型脱毛症のために使用した薬で、他の病気を悪化させてしまう心配もなくなります。

メンズ雑誌の流行では薄毛になって来たら短髪がトレンドですが、40代50代の短髪と高齢になってからの短髪は印象が違います。今は良くても将来を考えて早めに男性型脱毛症に対応しておかないと、産毛状態で生えてきている毛根もダメになって、ずっと生えなくなってしまう可能性があります。毛母細胞が死滅してしまう前に治療に取り組めばまだ発毛する可能性があり、健康的な毛根に戻れば短髪以外の自由なアレンジが楽しめるようになります。